こころや・からだや ブログ

体を楽にする5つの方法

【あなたの体を楽にする5つの方法】

意外に知られていない体力づくりの常識についてコメントします。

①足裏と手指を上手に使う

人間の生活の多くの場面では、足裏が地面に接して、物を操作するのは手の指です。
体幹や腹筋を鍛えることが大事と言われるので、ついつい誤解してしまいますが…
実は、足と手の感覚・使い方が良くないと、体幹にまで力が伝わらないので、姿勢や動きまで変わってしまうのです。

②ストレッチよりも動きのある体操を!
(伸ばすよりも弾むこと)

筋肉をゆっくり伸ばすストレッチは、緊張を低下させる神経メカニズムを利用しています。
過度な緊張には良い効果がありますが、運動前の準備や姿勢改善には有効ではありません。

③重心移動を身につける

歩行で一番重要なことは、体の重心をスムースに前に移動させることです。
日常の全ての動作でも、筋肉や関節に無理な力がかからない、エネルギー効率がいい動きが求められます。

④肩甲骨と骨盤を整える

肩甲骨と骨盤は、手足と体の中心(脊柱、体幹)をつなぐ重要な役割を担っています。
肩甲骨と骨盤の機能が手足の動きやすさを左右します。

⑤筋力よりも体の使い方
(力よりも効率が大事)

効率の良い体の動きは体を健康にします。
量よりも質を大切にしましょう。
筋トレよりも協調性を養うトレーニングを最優先しましょう。


関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017.06.10

    2017年6月より

アーカイブ

PAGE TOP